法話

    法話から              田中芳州老師相国寺僧堂師家

   「主人公」

この身に地位・名誉・財産・学歴・男女などに
汚れない「主人公」がいる。

あなたにも、誰の中にも、その人の
「主人公」が まぎれもなく住んでいる。

彼が私が善い事ことをした時には、
 わたしの心の底から喜びを与えてくれる。

彼が私が悪い事をした時には、
 わたしの心に動揺と反省を与えてくれる。

誰も観ていないと思っていても、
 いつもどこでもわたしの心と行動を観ている。

周りの人々の言葉に惑わされず、
 心静かで確かな目を持って見つめている。

彼は私は選り好みをせず全てを平等に扱い、
 自分を忘れて人々の幸福を心より願う。

他人の喜びを妬たまず我喜びとして喜び、
 他人の苦しみ悲しみを我苦として思い、

常に穏やかな表情にて相手を思いやり、
 その言葉は心から愛情を込めて対話す。

彼は私は自分を偽らず、悲しい時には
素直に涙し、
 嬉しい時には心の底から喜び、

怒るべき時には晴天の雷のごとく、
 雷鳴の後は雲一つなく和らいだ光を放つ。

 そういう「主人公」に出会えた時、人は歓喜し
「悟りを得た」というのです。私たちの本当の
宝は、何者にも奪われないものです。
だから私の宝は、あなたの宝にはなり得ない。

 また、あなたの真の宝は、私の宝とはならないのです。
そういう宝を見つけて下さい。
耳を澄まし、目を凝らし、心を澄ませば必ず出会えます。

なぜならその宝「主人公」はあなたの中にいるからです。


*このような事が本当に実践出来れば、その方は
生き仏さまなのでしょう。
とてつもなく、「遠いせかい」のような気がしますが、
「とにかく やれ!」・・と言う事なのでしょう。
# by orihime300 | 2017-01-02 03:20 | 法話 | Comments(1)

極楽の花の香りに・・

8極楽の花の香りにつつまれる

[地中蓮華  大如車輪
青色青光   黄色黄光
赤色赤光   白色白光
微妙香潔]

極楽の池には
車輪のような大きな蓮の花開き、
青い花は青い光を
黄色い花は黄色い光を
赤い花は赤い光を
白い花は白い光を発し
たとえようもない
清らかなかぐわしい香を
ただよわせている

↑   「阿弥陀経」の一節
「阿弥陀経」の中の極楽浄土の描写です。
声に出して読んでいると、あり得ないそうした極楽の池の花が、
目に見えてくるようで、清らかな匂いがあたりに満ち、
いつの間にか自分がその匂いにつつまれて
いるように思われるから不思議です。

# by orihime300 | 2016-07-22 00:52 | 俳句・川柳・他 | Comments(0)

大好きな里山

b0252451_2340519.jpg

何かと 出合えないかなぁ~・・と、
期待して出掛ける。


おっ! いた! いた!。

蝶も、蜘蛛も、変な?虫たちも出揃って・・。

アオスジアゲハが、水を吸うのに夢中で 私に気が付かない・・。
何と素敵なシーン!!。
b0252451_23374295.jpg
# by orihime300 | 2016-07-12 23:37 | 里山 | Comments(0)

ゲンジボタルに酔いしれる

b0252451_5341924.jpg
b0252451_5333086.jpg

ホタルは本当にいる?

ホタルは本当に出る?

雰囲気の伝わらないまま 一時間も待つ。

もう帰ろうか・・
もう帰ろう・・

虚しく、三脚をたたんで、車に移動し 荷物を入れ始めたその時、
あれ?

遠くに、何か光っているような・・。

待ちに待った蛍が 三匹・・五匹・・十匹と、
いぇ、百匹もの蛍火が 目に飛び込んできた。


「 佇みて蛍と同じ闇を吸ふ  佳己」

「 大蛍ゆらりゆらりと通りけり 一茶 」    

「 移す手に光る蛍や指のまた  大秖 

b0252451_5272330.jpg


b0252451_5275251.jpg

  


/span>span>
# by orihime300 | 2016-05-24 05:28 | 里山 | Comments(0)

早春の浜辺

春うらら~の金曜日、
馬に合いたい!・・と、 海へ行ったが、
無念にも、馬舎に帰ったあとだった。

合えないとなると、どうしても合いたい。
再度、翌日の土曜日 海へ行く。

この日は、やたらと 風の強い日だった!!

もう寒くて・・寒くて 体がガタガタ。

今日は もう 来ないのかも・・と、帰り掛けると、
遠くから 3頭がこちらに 向かってくるのが見えた
うわぁ~い ラッキ~~!

b0252451_18165149.jpg
b0252451_18173347.jpg


b0252451_18225844.jpg
# by orihime300 | 2016-02-08 18:18 | | Comments(1)