<   2012年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

NO.10作品名 「習癖」

仏さまの教えに寄ると、
〝人間は煩悩で目がふさがれてしまっている〟・・と言う。



偏った判断、独りよがりな答え・・等々が積もると、衆生濁・ 煩悩濁・ 見濁・ 
命濁・・となる。 b0252451_123582.jpg





「マンダラ図」を、塗り続ける事で、自分の欠けている部分が
見えてくる・・。。
 「人格の完成」を促す為に 作られた図だからである。
秘められたpowerwoをかりて前進をしたい。
 
[PR]
by orihime300 | 2012-08-29 12:05 | マンダラの世界 | Comments(2)

no.8 作品名 「秋の思慕」

母の不慮の死・・・
幼いときから母との縁は淡かったと感じる。

母は驚くほど無口な人だった。
喜怒哀楽のどの思い出も少ない
怒られたことも、ほめられたことも・・・思い出すことは難しいほどに。

"亡母に会いたい〟という気持ちが湧きあがり、
マンダラ図を塗ってみた。b0252451_922430.jpg 
 
[PR]
by orihime300 | 2012-08-12 09:28 | マンダラの世界 | Comments(5)

NO.7作品名「絆の蘇生」

マンダラをぬり終えた時、
瞬間、自分のまわりの何もかもが新鮮に変化した感覚があった
何かがふっ切れた瞬間だった

b0252451_18472225.jpg

まさに 、長い間 纏いつづけきた衣を、 一瞬にして
剥ぎ取って貰った気分だった

「マンダラ図」は、自分を蘇らせるためのツール
不思議な々世界である

 
[PR]
by orihime300 | 2012-08-09 18:48 | マンダラの世界 | Comments(0)

NO.6作品名「放置」

b0252451_1027265.jpg
マンダラの世界の中で繰り返されているテーマは、
時の流れにまつわる自覚であり、人間の生命は
無常である、という認識だ。

長年、放置してきた問題を抱えているが、
仏の教えによると・・
 【 気付いた人から、気付けない人に 近寄って行くこと。
  それが人の道である 】・・と言われる。

 ムズカシイ!  (>_<)
[PR]
by orihime300 | 2012-08-02 10:30 | マンダラの世界 | Comments(0)