あのとき すきになったよ (黛くみこ)

本音を言うと、この「絵」は、私の好みではない 。たぶん、私自身からは この絵本を手に

取ることは なかっただろう。  「推薦」されて、それならば・・・と、見ることにした。



学校で おしっこを もらしてから、みんなに「しっこさん」と呼ばれることになった女の子 (まりかさん)と、

かさまゆうこさんの お話である。



あの子と あったのは どこだっけ?

けんか したのは いつだっけ?

なんで なかよくなったんだっけ?

ちっとも 好きじゃなかったのに、

好きに なったのは なんでかなぁ・・・。



読んで見て、この絵本と 「出合えて本当に良かった」と感じた。(*^^)v 

こんな風に 絆って できていき、深まっていくんだ・・と。



* 絵本は子どもに生きる希望を与える!

こんな風に生きていけば良いんだ・・という智慧が満載されている

是非、お子さまに 見せて上げて ください
[PR]
by orihime300 | 2015-07-13 10:28 | 絵本 | Comments(0)
<< 心の森 作・小手鞠るい (児童... 王子さまの耳は、ロバの耳 >>